米国における債権回収

  • 米国内の専門家が米国内で行う債権回収。
  • リスクが無く、資金回収成功時のみ費用が発生します。
  • 委託料金は19.5%です。

米国での効果的な債権回収のために

米国の請求書で未払いのものはありませんか?米国での債権回収のお手伝いをいたします。迅速かつ簡単に。その方法についてはこちらをご覧ください。

その方法は以下の通りです。3つのステップ

h

当社の債権回収プラットフォームに、米国の顧客に対する請求書をアップロードするだけで、債権回収案件を開始できます。

米国内にある当社の債権回収会社が、お客様の債務者に支払いをしてもらうための活動を開始します。

支払いが完了すると、そのお金はあなたに直接送金されます。

米国内の顧客から報酬を得る。

N

アメリカ全土をカバーしています。

N

米国の債権回収会社による現地での債権回収を提供します。

N

Webポータルで簡単にケースを管理することができます。

アメリカでの債権回収をどのように支援するか。

Oddcollは、債務者が世界中のどこにいても、簡単に支払いを受けることができるグローバルな債権回収プラットフォームです。世界中の優秀な債権回収会社や法律事務所が集結しているため、請求書の回収は常に債務者の所在地で行われます。

アカウントを作成し、未払いの請求書をアップロードするだけで、簡単に米国での債権回収を始めることができます。米国の債権回収会社が直ちに回収プロセスを開始します。

国際的な債権回収について、60秒で知っておきたいことをまとめました。

米国にある債権回収会社が、その場で直接回収を開始します。

米国では、米国の債権回収会社であるGlobal Debt Solutions Inc.と提携しています。

米国では、米国の債権回収会社Global Debt Solutions Inc.と提携しており、Oddcollのプラットフォームに請求書をアップロードすると、米国内で債権回収を行います。

あなたの会社について教えてください。

Global Debt Solutions, Inc.は、2000年7月に設立された国際的な債権回収会社です。私たちの最大の目標は、お客様に情報を提供し、債権や不良債権をできるだけ早く回収することで、質の高いサービスを提供することです。

米国での回収プロセスの概要を教えてください。

米国では、回収の方法について多くの法律が制定されています。Global Debt Solutions, Inc.では、短期間で債務者へのプレッシャーを強めていくというシステムを採用しています。

円満な回収のために、どのような行動をとっているのですか?

円満なアクションとは、債務者への電話、メール、手紙などで圧力をかけることです。

米国では法的措置を取る必要がある場合はどうするのですか?

米国では、$15,000.00以下の請求は法的措置をとる必要がないとされていますが、これは弁護士が成功報酬で仕事をしているために確立されたものです。当社が債務者に対して法的措置をとることを推奨する場合、その費用は債権者が負担します。その費用は州によって異なり、私たちは行動を起こす前にその費用をクライアントや債権者にアドバイスします。

ある事件で法的措置をとっていて、裁判で勝訴した場合、クライアントが支払った法的措置のための費用を債務に加えることができますか?

債権者が支払うべき金額の判決を受けた場合の法的措置にかかる費用は、米国のどの裁判所でもほとんど認められません。

米国の債権回収 – 概要

歴史的に見て、アメリカでは債務者は債権者に厳しく管理されていた。借金の返済が滞ると、債務者とその家族は債務奴隷にされることもあった。この状態は、債権者が債務者の家族の奉仕によって損失を回収するまで続いた。また、債務者が返済せずに死亡した場合には、未返済の債務が世代を超えて受け継がれることもあった。債務者の家族が借金を返すまでの間、債務者を収容するための刑務所が「債務者の刑務所」である。これが廃止されると、債権者が頼りにしたのが「差押え」である。差し押さえとは、債権者が役所の力を借りて資産を差し押さえることです。

今日では、これらの残酷な行為のほとんどは違法であり、残りの行為は当局によって厳しく規制されています。米国では、債務者の権利に関する法律が制定され、州政府と連邦政府によって支持されています。各州では、債務者保護に関する法律が異なり、連邦法よりも厳しい場合もあれば、そうでない場合もあります。各州では、州法であれ連邦法であれ、より厳格な法律が適用されます。

米国の債権回収サービスには様々な種類があります。債権者の直接の部署が回収活動を行う場合、それは第一当事者による債権回収と呼ばれる。これは、回収行為を行う当事者自身が事件の当事者であるためである。彼らは債権者の最初の債権回収先であり、少なくとも自社に債権回収部門を持っている債権者はそうである。彼らは一定期間、債権の回収を試みますが、うまくいかない場合は、通常、米国での効果的な債権回収方法について、より専門的な知識を持つ第三者の債権回収会社に引き渡します。

米国における「第三者」の債権回収会社とは、元々の債務関係の当事者ではない会社のことである。企業は、自分たちが代金を回収できずに時間が経過した場合に、このような機関を利用する。企業は、自分たちが選んだ債権回収会社に案件を割り当てます。アメリカでは成功報酬型のケースが多い。つまり、債権者から債権回収会社への最初の支払いは発生しない。しかし、債権回収会社は、回収に成功した債務の何%かを受け取る権利がある。このパーセンテージは両者が合意したもので、債務の種類や年齢によって異なります。

米国では、これらの集金代行業者は、連邦の「1977年公正債権回収行為法」の対象となります。この法律によると、債務者への電話連絡は午前8時から午後9時までしかできない。債務者が弁護士によって代理されている場合、集金代行会社は債務者に一切連絡を取ることができません。また、債務の証明を求める書面が提出された場合、債権者は30日以内に債務者に証明書を郵送しなければならず、この期間は回収業者が債務者に連絡を取ることはできません。

また、債権回収会社は、家族や近所の人などの第三者に借金に関することを伝えてはいけません。ただし、債務者の居場所を尋ねるため、または回収業者が債務者を見つけられない場合に連絡先を得るために、第三者に連絡することは認められています。最も重要なことは、集金人はすべてのコミュニケーションにおいて、自分の名前、代理店の名前、および自分が債務の集金人であることを明記して、自分の身元を明らかにしなければならないということです。また、債権者の名前と住所を伝え、第809条に基づいて債務を争う権利があることを債務者に通知しなければならない。

時効とは、法的手続きを開始することができる出来事の後の最長期間を定めたルールです。債務者がこの期間内に返済しないと、債務は時効になってしまいます。時効期間を回避するために、債権回収業者は時として時効期間を破ったりリセットしたりする手段をとることがあります。

また、企業は、債務の本来の価値の何割かで、債務の買い手として知られる第三者企業に債務を売却することもあります。これは通常、債権者が債務を回収できる見込みがないと感じた場合の最後の手段として行われます。債権者は、債権を売却することで、損失をできる限り少なくし、減りはしてもすぐに収益を得て、次のステップに進むことができます。また、債権回収の義務やそれに伴うリスクも、買い手に引き継ぐことで解消されます。

買い手は、債務者に支払ってもらうために努力を続けます。長い時間がかかるかもしれませんが、最終的には債務者が支払い能力を回復し、買い手は債権を購入した金額以上の金額を回収することができるというビジネスモデルです。

これが私たちの債権回収サービスの仕組みです。

米国での債権回収にお困りの方は、Oddcoll社が迅速かつ効率的にサポートします。

あなたの案件が如何に簡単に開始できるかお試しください!

ODDCOLL

Oddcollは国際的な債権回収サービスです。
海外の債務者からの債権回収を簡単に行えます。
WordPress Image Lightbox Plugin