.

現金の申請手続き:現金化とは何か?

.

企業がどのようにしてすべての取引を明確かつ正確に記録しているのか、不思議に思ったことはないだろうか。これは、正しい支払照合プロセス、別名「現金申請プロセス」によって達成されます。

この記事では、「現金申請プロセス」とは何か、企業の財務管理におけるその重要性、その影響、そして重要な側面について説明します。

業務効率化の裏側を知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

現金の申請プロセスとは?

キャッシュ・アプリケーション・プロセスは、支払照合プロセスとも呼ばれ、企業が顧客から受領した支払いを正確に識別、記録し、売掛金に適用するために従う一連の手順のことである。要するに、このプロセスでは、顧客から支払われた延滞金が、企業の会計記録上の対応する請求書または未払い勘定に適切に配分されるようにする。

このプロセスは、正確な会計処理と会社の財務健全性を維持するために極めて重要である。このプロセスでは、社内の記録と、銀行振込、小切手、電子決済などの実際の取引を照合し、すべてが適切に記録され、会計処理されていることを確認する。

主なプロセス・コンポーネント

正しい手順と管理は、強固で安定した財務健全性の鍵である。支払照合プロセスを把握することは、十分な情報に基づいた意思決定を行い、良好なバランスを維持し、有益なキャッシュフローを確保するために極めて重要である。このプロセスが何を統合しているのかを理解するために、ここではその構成要素について説明します:

情報を受け取る

支払い照合プロセスは、企業が顧客からの支払いに関する情報を受け取ることから始まる。このような情報は、銀行取引明細書、オンライン決済プラットフォーム、社内請求システムなど、さまざまな情報源から得られる。

支払いの特定

情報を受け取ったら、次のステップは特定の請求書や取引に対応する支払いを特定することである。これは何を意味するのだろうか。受け取った支払の詳細を社内記録と比較し、正しく割り当てられていることを確認する。

データの照合

この段階では、受領した支払データを社内記録と比較し、両者が一致していることを確認する。支払金額、日付、参照番号や請求書番号などの詳細が確認される。不一致があれば調査し、解決する。

支払申請

データの一致が確認されると、支払いは会計システムの対応する請求書に適用される。これにより、会計帳簿に支払いが行われたことが記録され、キャッシュフローの正確な追跡が可能になる。

紛争解決

受領した支払いと社内記録との間に相違や矛盾が見つかった場合は、さらに調査を行うべきである。

銀行照合

支払いが内部記録の対応する請求書に適用されると、銀行照合が行われる。これは、元帳に記録された支払データと銀行明細のデータを比較し、すべてのバランスが取れていること、記録漏れがないことを確認するものである。

報告書

最後に、入金状況、未払い残高、不一致の解決状況を示すレポートが作成されます。これらのレポートは、将来の意思決定や、会社の財務状況を明確に、かつ最新の状態で把握するために役立ちます。

現金要求プロセスのステップ

現金申請プロセスは、顧客からの支払いを正確かつ効率的に管理するために不可欠である。手順は以下の通りです:

ステップ1:支払いの受領

顧客からの支払いは、現金、小切手、電子送金、クレジットカードなどがあり、企業が受け取る。

ステップ2:取引の識別

各支払いは識別され、対応する請求書または口座に関連付けられなければならない。そのためには、請求書番号やその他の関連データなどの詳細を使用する必要がある。

ステップ3:会計システムへの登録

支払いは会社の会計システムに記録され、支払金額と支払日が正確に記録されるようにする。

ステップ4:支払いの照合

会計記録と銀行明細を比較し、記録された支払いと銀行で行われた実際の取引が一致していることを確認する。

ステップ5:現金の配分

受け取った支払いを、対応する請求書や未払金に正しく配分することが重要である。

ステップ6:口座明細の更新

顧客明細が更新され、支払いと決済が完了した口座が反映されます。

ステップ7:不一致の解決

会計記録と実際の支払いとの間に不一致があれば、調査し、解決する。これには、問題を明確にし、正確性を確保するために顧客と連絡を取ることが含まれる。

ステップ8:レポートと分析

プロセスの効率性を評価するためにレポートと分析が作成され、その結果、傾向を特定し、パターンを検出し、会社の一般的な財務の健全性を評価することが可能になります。

直面する可能性のある課題

どのような分野であれ、困難に立ち向かうには、細心の注意、適切な技術、優れた管理手法の組み合わせが必要である。まずは、どのような事態に遭遇する可能性があるのかを特定し、不測の事態に陥らないようにすることが重要です。現金回収について言えば、以下のような課題が考えられる:

データの違い

データベースと銀行明細に表示されるデータは、人為的ミスやデータ伝送の問題により、しばしば差異が生じます。

不明な支払い

顧客からどの請求書に対応する支払いなのか明確な情報が提供されない場合、追加のフォローアップと調査が必要である。

取引量

取引量が多い企業では、照合プロセスは複雑で時間がかかり、より多くのエラーが発生する可能性がある。

支払いの変化

部分的な支払い、払い戻し、調整は、正確な支払額を特定し、対応する請求書に適切に配分することが困難であるため、照合を困難にする可能性がある。

文書化の欠如

取引や支払いに関する明確な記録が保管されていない場合、受け取った支払いを追跡し確認することが困難になる可能性がある。

協力体制の欠如

クライアントが正確な情報を提供しなかったり、要求に応じなかったりすると、矛盾や困難を解決するのは非常に難しくなる。

データ照合エラー

請求書番号や参照コードなど、記録の詳細が誤って入力されることがあり、支払の割り当て時にエラーが発生する。

自動化の欠如

ツールやソフトウェアのサポートを受けずに手作業で照合作業を行うと、エラーの可能性が高くなり、時間もかかる。

キャッシュ・アプリの自動化ツール

財務の世界では効率が重要なため、現金申請プロセスに関して言えば、自動化は非常に貴重なリソースです。現金申請プロセスを最適化するために特別に設計された様々な技術ツールのおかげで、企業はプロセスを大幅に簡素化し、エラーを最小限に抑え、他のタスクにリソースを解放することができます。ツールの例をいくつか挙げよう:

HighRadiusキャッシュ・アプリケーション・クラウド

HighRadiusは、人工知能と機械学習を使用して支払照合を自動化するクラウドベースのソリューションです。支払いを自動的に識別し、対応する請求書に割り当てることができます。

SAP債権管理

SAPの売掛債権管理プラットフォームは、カスタマイズ可能なルールとアルゴリズムの使用により、支払の識別と割り当てを合理化するなど、さまざまな自動化ツールを提供し、既存の会計システムにも統合できます。

クイックブックスの支払い

中小企業向けのプラットフォームとして人気の高いQuickBooksには、QuickBooksを通じて行われた支払いが自動的に元帳に計上される機能があり、手作業によるデータ入力の手間を省くことができます。

Microsoft Dynamics 365 ファイナンス

Dynamics 365 Financeは、請求書への支払いを自動的に適用し、支払い状況や傾向に関する詳細なレポートを作成することができます。

効率的なプロセスのメリット

効率的な現金申請プロセスは、企業にとっての目標であるだけでなく、多くの大きなメリットをもたらす戦略的投資でもある。企業が現金申請プロセスの最適化を追求するにつれ、新たな利点が生まれつつある。ここでは、そこから生まれる主なメリットをいくつかご紹介します:

規範遵守

効率的な現金申請プロセスは、取引が正確に記録され、会計および規制要件が満たされていることを保証するのに役立ちます。

キャッシュフローの最適化

支払いが正しく適用され、口座が最新の状態に保たれていることを確認することで、企業はキャッシュフローを最適化することができる。

迅速な回答

支払いの確認や口座明細の更新が迅速に行えるため、顧客満足度が向上し、取引関係が強化される。

エラーの削減

自動化は、プロセスにおける人的ミスの可能性を大幅に減少させる。

節約

財務チームの時間を解放し、専門家はより価値の高い戦略的なタスクに集中できるようになり、物理的なストレージなどにかかるコストも削減できる。

現金が必要ですか?顧客に支払い遅延を申し出るのはどうでしょう?

取引先からの支払遅延に対応し、円滑な事業運営に必要な流動性を維持することがいかに困難かお分かりになりますか?未払い金を回収するソリューションがあるとしたらどうでしょう?

財務最適化の味方、Oddcollへようこそ。当社のプラットフォームは、資産回収プロセスの簡素化とスピードアップに特化しており、最も効率的な方法で必要な現金を手にすることができます。Oddcollがあなたの代わりに行いますので、あなたはもう面倒な連絡や手作業での支払い交渉に悩まされる必要はありません。Oddcollはあなたを手作業の負担から解放し、本当に重要なことに集中させてくれます。

あなたの取引先に支払い遅延を依頼し、キャッシュフローを円滑にしませんか?私たちは、貴社の債権回収プロセスを変革し、財務効率を改善し、顧客との関係を強化するお手伝いをいたします。

堅実なキャッシュフローはあと一歩です!

結論

現金の申請プロセスは、正しく行われなければ、あらゆるビジネスの財務管理における重要な障害となり得る。手作業による照合、人為的なミス、リアルタイムの可視性の欠如など、課題は山積している。利用可能な技術革新を取り入れることで、障害を克服し、キャッシュフローを最適化し、顧客との関係を強化することができます。支払管理の効率化は、流動性の向上とより正確な意思決定につながり、成長と成功への道を開きます。

進化し続けるビジネス界において、オッドコールは財務最適化の道標として、企業を効率化と目標達成へと導きます。国際的な債権回収の効率化を図り、明るい財務未来への扉を開きたいとお考えなら、Oddcollは不良債権回収の最大の味方です。

続きを読む債権回収とは

.

4分で読める

どのような規制が適用されるか
国際的な債権回収プロセス
効果的な債権回収を実現する方法。

.

Oddcollは世界中のデットコレクターとのプラットフォームであり、国際的な企業が簡単に延滞した請求書を回収できるようにします。

.

カバーする国

.

ヨーロッパ全域をカバー

.

中央アジア

.

債権回収 アルメニア
債権回収 アゼルバイジャン
債権回収 グルジア
債権回収 カザフスタン

債権回収 キルギス
債権回収 モンゴル
債権回収 タジキスタン
債権回収 ウズベキスタン
.

オセアニア

.

アフリカのすべての国

すべてのパートナーに適用されます

– 各国における債権回収の法的認可
– B2B回収スペシャリスト
– 英語でのコミュニケーション
– 各国の債権回収に関する法律の専門家

.

サポート

RELATED ARTICLE  送金のすべて:送金とは?
WordPress Image Lightbox Plugin