.

月末締め:月末クローズとは何か、そのプロセスと2023年のベストヒント

.

月次決算は、どのような企業においても財務管理上不可欠な手続きであり、記録が整理され、財務諸表が財務状況を正確に反映し、次の月に待ち受ける課題や機会に立ち向かう準備が整っていることを確認するためのものです。.この記事では、月次決算とは何か、月次決算はどのように行われるのか、月次決算を成功させるためのコツは何かについて詳しく説明します。

月末締めとは?

企業の月次決算とは、特定の暦月に行われたすべての財務および業務上の取引を確定し、統合するプロセスを指します。この期間中に、すべての取引、収入、支出、資産、負債が収集され、会計帳簿に記録されます。

主な目的は、毎月末に事業の財務状況を正確かつ完全に把握することである。このプロセスには、勘定科目の照合、会計記録の正確性の確認、その時点での会社の財務状況を正確に反映した報告書の作成などが含まれる。

月末締めプロセス

企業は、税務当局や規制当局、投資家や利害関係者に財務結果を報告する必要があるため、この種のプロセスは、規制遵守や実際の報告にとって極めて重要である。さらに、現在の業績に関するタイムリーな情報を提供することで、経営上の意思決定を容易にします。ここでは、その方法をステップごとに詳しく説明します:

ステップ1:準備

事前の準備として、必要な書類や資料をまとめるために綿密な作業を行う。これには、過去の財務諸表、会計記録、会計ソフト、請求書、経費の領収書、銀行取引明細書、その他関連書類の入手が含まれる。効率的なクロージング・プロセスは、これらの資料が利用できるかどうかにかかっているため、この段階では、整理整頓とアクセスのしやすさが不可欠である。これらの資料を早めに確認することで、次のステップに進む前に、潜在的な矛盾や対処すべき問題を発見することができる。

ステップ2:取引のレビュー

ここでは、その月に記録されたすべての取引が精査される。取引の存在を確認するだけでなく、その正確性と一貫性を検証し、発行・受領された各請求書の妥当性を確認し、銀行記録と内部会計記録との対応関係を確認する。この段階は、財務記録が正確であり、適切な文書によって裏付けられていることを確認するために重要である。エラーや不一致を早期に発見することで、後々の問題を防ぎ、データの整合性を確保することができる。

ステップ3:銀行照合

銀行照合は、銀行の記録と社内の会計記録が同期していることを確認するために不可欠なプロセスである。ここでは、銀行口座の残高と会計帳簿に記録された残高が比較される。入金、出金、小切手の発行はすべて綿密に照合される。差異が生じた場合は速やかに調査し、財務諸表に会社の真の財務状況が反映されるよう解決する。このステップの正確さは不可欠であり、少しでもずれが生じると、財務報告に重大な誤りが生じる可能性がある。

ステップ4:会計調整

会計調整とは、会計記録を修正・改善するプロセスである。つまり、取引のレビュー中に確認されたエラーを修正し、必要に応じて償却、減価償却、引当金の計上を行うことである。また、外貨建てで事業を行っている場合は、為替レートの変動を会計記録に反映させるため、為替差額の調整を行わなければならない。

ステップ5:仮勘定の閉鎖

仮勘定の締めは、月次会計期間の終了を意味する。この段階で、その月の収入や支出などの仮勘定の残高は、損益勘定や損益計算書などの所得勘定に移される。この操作により、当期のデータと過去の期間から蓄積されたデータとの明確な区別が確立される。さらに、その月の活動の明確な要約を提供することにより、財務実績の評価を簡素化する。

ステップ6:財務諸表の作成

財務諸表の作成では、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの主要な報告書を作成する。これらの報告書は、意思決定や社内外の利害関係者への報告の基礎となるため、この段階では正確さが不可欠である。各データの行を検証し、会計記録と照合して、月末時点の会社の財政状態を正確に表していることを確認しなければならない。

ステップ7:文書化とサポート

このステップでは、最終財務諸表、分析報告書、会計調整の記録、その他関連文書など、決算に関連するすべての文書を整理したファイルを維持する必要があります。この文書化は、重要な履歴記録として機能するだけでなく、将来の監査やレビューに対応するためにも不可欠です。文書の整理と正確さは、報告を容易にし、適用される規制の遵守を証明する。

ステップ8:レビューと承認

財務結果は、会社の財務または経営幹部によって綿密に精査される。このステップは、すべての利害関係者に十分な情報を提供し、具体的なデータに基づいて意思決定ができるようにするために行われる。このレビューの間に確認された矛盾や懸念事項は、次の会計期間に移行する前に対処し、解決することができる。

ステップ9:ファイリングと追跡

最後に、クロージングに関連する文書を整理し、整然とアクセス可能な方法で保管する。これにより、今後のクロージング・プロセスにおける一貫性と効率性を促進する。さらに、過去の決算の履歴を管理することができるため、ベンチマーキングや長期的な意思決定にも役立つ。効果的な追跡システムにより、月次決算プロセスが一貫して実施され、会社が財務責任を果たすことが保証される。

月次決算のベストプラクティス

月次決算は、細部にまで気を配り、真摯に実行することが極めて重要です。そこで、月次決算のベストプラクティスをいくつかお伝えし、実践していただくことで、貴社の月次決算が効率的かつ正確に実施され、規制および財務要件に準拠することを保証したいと思います:

  • 厳密な計画:重要な日付、タスク、財務チームの各メンバーの責任を含む詳細な計画を立てる。
  • 銀行照合:銀行残高が会計記録と一致していることを確認するため、綿密な銀行照合を行い、不一致を特定し、解決する。
  • 調整登録:償却や引当金など、必要な調整を記録する。
  • 経費管理:経費の見直しを行い、節約や効率化の可能な分野を特定する。
  • 規制遵守:適用されるすべての税務・財務規制および基準を確実に遵守します。
  • トレンド分析:決算データを使って時系列で傾向を分析し、機会と課題を特定します。
  • プロセスの自動化:会計ソフトウェアや自動化ツールを活用し、反復作業を合理化し、ミスを最小限に抑え、決算を迅速化する。
  • 社内コミュニケーション:財務部門と他のチームとの効果的なコミュニケーションを維持し、全員が同じ見解を持つようにする。
  • 継続的なトレーニング:財務チームのトレーニングや能力開発に投資し、最新の会計やテクノロジーに対応できるようにする。

月末締めにおける一般的な課題

月末締めの課題に対処するには、計画、トレーニング、確実なプロセス、そして多くの場合、プロセスを合理化するための適切なテクノロジー・ツールの導入が必要です。しかし、万が一直面した場合に備えて行動計画を立てられるよう、これらの課題も念頭に置いておく必要がある。よくある課題の例をいくつか挙げよう:

  • 複雑な銀行照合:未決済の取引、未清算の小切手、記録の誤りなどが、このプロセスをしばしば複雑にする。
  • 法規制コンプライアンスの変更:法律や規制の変更により、決算プロセスの調整が必要になる場合がある。
  • 取引の複雑さ:国際的な事業を展開する企業や取引件数の多い企業は、一般的に、税務・会計規制の多様性により、会計記録がさらに複雑になる。
  • 手作業によるプロセス:手作業への依存は、時間がかかり、ミスが発生しやすい。
  • 社内コミュニケーション不足:財務チームと他部門との効果的なコミュニケーションが不足しているため、月次決算時に問題を特定し解決することが難しい。

このような課題に直面することがどのようなものか、よりイメージしやすくするために、いくつかの実践例をご紹介しよう:

複雑な銀行照合

あなたの会社が、顧客の支払い、引き出し、預け入れなど、月を通して多数の銀行取引を行ったとします。勘定科目の照合を行う際、銀行明細にまだ記載されていない保留中の取引がいくつかあることに気づく。これは照合を複雑にし、残高が一致していることを確認するために慎重なフォローアップが必要です。

会計エラーとデータの重複

レビューの過程で、その月の収入を水増ししている重複した会計項目が見つかる。これは不正確な財務報告につながるため、正確性を確保するために細心の注意を払い修正する必要がある。

規制遵守の変化

御社は、規制の厳しい業界で事業を展開しており、税制の変更により、会計記録や決算手続きを定期的に調整する必要があります。このため、法的規制の範囲内で業務を行っていることを確認するために、追加の時間とリソースを投資する必要があります。

取引の複雑さ

御社が国際的な事業を展開している場合、為替、外国税、各国固有の規制に関する課題に直面することになります。企業の正常な業務を妨げる制裁やブロックを避けるためには、財務記録を綿密に管理する必要があります。

決算月とは何ですか?

決算月とは、企業の会計年度または財務年度の最終月を指します。企業が財務諸表や期末報告書を作成する前の会計期間の最終月です。

この間、企業は、会計年度を終了し、財務記録を確定し、新会計年度の開始に備えるために、一連の財務作業や活動を行う。これらの作業には以下が含まれる:

  • 取引の完了
  • 勘定調整
  • 調整表作成
  • 財務諸表の作成
  • 監査準備
  • 予算の見直し
  • タックスプランニング
  • ログファイル

オッドコール

この記事を通して見てきたように、ビジネスの世界では、毎月の締め作業は財務の正確性を確保するために不可欠である。しかし、未払いの請求書が残高のバランスを崩す恐れがある場合はどうなるのでしょうか?そこで、債権回収の信頼できるパートナーとしてOddcollの出番です。

未払い金が業績に影響を与える心配なく、月次決算を迎えられることを想像してみてください。Oddcollならそれが可能です。

オッドコールを選ぶ理由

  1. 私たちの高度な訓練を受けた経験豊富なチームは、企業の不良債権回収を専門としています。倫理的かつ親身なアプローチ
  2. 財務の健全性を確保するためには、未払い債権の解消が不可欠です。
  3. 支払い遅延はストレスや不必要なリスクを発生させますが、私たちと共に不確実性を減らし、未払金に関連するリスクを最小限に抑えることができます。
  4. 当社の債権回収方法は、現行の規制と最高の倫理基準に準拠しています。
  5. 私たちは、それぞれのビジネスがユニークであることを理解し、お客様のビジネスの特定のニーズを満たすために 債権回収戦略を調整します。

詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください 。また、債権回収とは何かについてもご覧いただけます。

まとめ

月次決算は、単なる手続きにとどまらず、企業が立ち止まり、反省し、前進する準備をする瞬間でもある。このプロセスを適切に実行し、ベストプラクティスを導入することで、組織は財務を整え、情報に基づいた意思決定を行い、財務的成功への道を歩み続けることができる。

財務の健全性を構成するすべての側面に焦点を当て続けることが、好業績と良好な将来を確保する唯一の方法である。しかし、これはあなたがすべての世話をすることを意味するものではありません、あなたは私たちのサービスを雇うことができ、退屈な国際的な債権回収プロセスを忘れることを覚えておいてください。

.

4分で読める

どのような規制が適用されるか
国際的な債権回収プロセス
効果的な債権回収を実現する方法。

.

Oddcollは世界中のデットコレクターとのプラットフォームであり、国際的な企業が簡単に延滞した請求書を回収できるようにします。

.

カバーする国

.

ヨーロッパ全域をカバー

.

中央アジア

.

債権回収 アルメニア
債権回収 アゼルバイジャン
債権回収 グルジア
債権回収 カザフスタン

債権回収 キルギス
債権回収 モンゴル
債権回収 タジキスタン
債権回収 ウズベキスタン
.

オセアニア

.

アフリカのすべての国

すべてのパートナーに適用されます

– 各国における債権回収の法的認可
– B2B回収スペシャリスト
– 英語でのコミュニケーション
– 各国の債権回収に関する法律の専門家

.

サポート

RELATED ARTICLE  インボイス・マッチング:その内容、プロセス、メリット 2024年
WordPress Image Lightbox Plugin