.

コレクション効果の計算式:計算方法は?

.

適切な債権回収管理は、キャッシュフローと財務の安定が成長と存続に不可欠な世界において、企業にとって最優先事項となっています。

効果的な債権回収方式は、組織が未払い資産の回収に関する課題に戦略的かつ効率的に取り組むことを可能にする強力なツールです。

この記事では 債権回収の 効果計算式と、企業や債権者にとってのその大きなメリットについて 深く掘り下げていきます その計算方法、構成要素、メリットなど、多くのことをご紹介します。 債権回収は 厄介でデリケートな領域 ですが この計算式の使い方を知ることで、停滞と財務の進歩の違いを生むことが できます。

その前に 、債権回収とは 何かを正確に 知りたい場合は、リンクをクリックしてください。

回収効果の計算式とは?

計算式回収有効性指数(CEI)=[(初期債権の与信売上高-最終債権)/(初期債権の与信売上高-当期末の未回収売上高)]。× 100

回収効果計算式」は、未回収債権の回収管理における企業のパフォーマンスと有効性を評価するために使用される財務指標である。この計算式は、特定期間における企業の顧客に対する債権回収能力を明確かつ定量的に示すものである。

計算式は通常以下のように算出される:

回収効果指数(CEI) = [(初期債権の与信売上高-最終債権売上高) / (初期債権の与信売上高-当期末の未回収売上高)]]。× 100

この式の結果はパーセンテージで表され、債権回収における企業の相対的な成功度を示す。このパーセンテージが高ければ高いほど、その企業は債権回収においてより効果的であったということになる。

回収効率率とは?

国際 債権回収効率率とは、未払い債権の回収・回収プロセスにおける企業の効率性を評価する財務指標である。一定期間に実際に回収された債権の総額を、同期間に顧客に請求した総金額で割って算出し、百分率で表す。

(回収額/請求総額)×100

得られた結果は、会社が顧客に請求した債務総額に対して回収できた金額の割合を表している。回収効率比率が高ければ高いほど、回収管理における効率性が高いことを意味し、企業が支払うべき金銭の回収に成功していることを意味する。

良い回収効率比率とは?

債権回収効率比率は、債権者が未払い債権を回収する際の有効性と効率性を評価する鍵となる。何が良い効率比率とみなされるかを決定することは、財務実績を測定し、現実的な目標を設定する上で極めて重要です。

すべての企業にとって普遍的な基準として適用される単一の数値は存在しないが、一般的に言えば、良好な債権回収効率率は80%~90%程度である。これは基本的に、企業が一定期間内に未払い債権総額の80%から90%を回収できたことを意味する。

しかし、「良い割合」の概念は、業種や企業の規模、その他特定の要因によって異なる可能性があることを念頭に置くことが重要である。例えば、リスクの高い負債を扱うセクターでは、効率パーセンテージが低くても、その文脈では許容範囲とみなされる場合もある。

効率比率が高ければ、企業のキャッシュフローと財務の健全性は大幅に改善される。債権回収効率比率を定期的にモニタリングし、他の目標や過去の実績と比較することで、改善の機会を特定し、適切な戦略を実行することができる。

測定の利点

回収効率計算式と回収効率比率を導入することは、回収管理を改善し、財務体質を強化したいと考える企業や組織にとって、多くの大きなメリットをもたらします。以下では、両指標を使用する主なメリットを紹介します:

財務パフォーマンスの正確な評価

回収効果計算式と回収効果比率はいずれも、回収実績を定量的かつ客観的に測定するものです。これらの指標により、企業は債権回収の効率を正確に評価することができ、改善点の特定や現実的な目標設定が容易になります。

情報に基づいた意思決定

債権回収の効果に関する具体的なデータを得ることで、企業は情報に基づいた戦略的な財務上の意思決定を行うことができます。これらの指標は、行動パターンを特定し、与信方針を調整し、より効果的な回収戦略を立案・確立するのに役立ちます。

キャッシュフローの改善

両指標の活用は、企業のキャッシュフローの改善に貢献する。債権回収の効率性が高まれば、将来の事業やプロジェクトに必要な資金をより確実に確保できるようになる。

顧客との関係強化

回収プロセスの有効性を明確に把握することで、企業は債務管理に対してより個別的で包括的なアプローチを実施することができる。これにより、顧客は回収プロセスにおいて公正かつ敬意を持って扱われていると感じ、顧客との関係を改善することができる。

財務リスクの軽減

債権回収の効果を定期的に評価することで、潜在的な信用リスクや延滞債権を早期に特定することができる。これにより、企業は損失や長期的な財務リスクを最小限に抑えるための予防措置を講じることができる。

目標の設定と進捗状況のモニタリング

これら2つの指標は、具体的な回収目標と目標を設定するための確かな根拠となる。これらの指標を通じて継続的にパフォーマンスを監視することで、企業は進捗状況を把握し、財務目標を達成するために必要な調整を行うことができます。

改善点の特定

回収実績を測定することにより、改善や回収戦略の調整が必要な分野を特定することができる。

業務効率の向上

効果的な回収管理は、回収プロセスに費やす時間とリソースを削減し、全体的な業務効率を向上させます。

信用格付けの向上

良好な回収実績は、企業の信用力を向上させ、将来の交渉や財務上の合意を容易にします。

収益性の向上

より効果的な債権回収は純利益の増加につながり、企業の収益性に貢献する。

回収効果の公式の構成要素は?

コレクション効果計算式は3つの要素で構成され、その組み合わせによりコレクション管理の全体的な効果を計算することができます。以下、それぞれの要素について説明します:

初期売掛金

評価対象期間の開始時点における、顧客からの会社に対する債務の総額である。未払い債務の累積残高である。

信用売上高

その期間に同社が顧客に信用販売した総額。言い換えれば、顧客が購入時に支払いを行わなかったが、後日支払いを承認された売上高。

最終売掛金

評価対象期間終了時点における、顧客からの会社に対する債務総額。回収や支払いが行われた後の未払い債務の残高である。

当期末の未回収売上高

期末時点で回収不能と推定される売上高。

計算式は以下のようになる:

CEI=[(期首債権売上高-期末債権売上高)/(期首債権売上高-期末未回収売上高)]である。]× 100

回収効果の計算方法

CEIは、債権回収における企業グループや支店の全体的な効率を評価できる非常に強力な指標です。CEIを最大限に活用するためには、その計算方法を知ることが非常に重要です。以下は、ステップ・バイ・ステップの計算方法です:

ステップ1:必要な情報を集める

分析に関わるすべての会社または支店の最初の売掛金を入手する。この数字は、評価したい期間の開始時点における未払い債務の合計残高を表す。

同期間のすべての会社または支店の信用売上高を入手する。この数字は、信用販売による売上高合計を表す。

評価対象期間末の全会社または全支店の最終売掛金を入手する。この数字は、期末時点の債務残高の合計である。

すべての会社または支店の当期末の不良売上高を確認する。これは、期末時点で回収不能な売上高の合計である。

ステップ2:すべての会社または支店の値を加算する。

売掛金期首残高」の値を追加します。

信用売上高」の数値を追加する。

最終売掛金額」の数字を追加する。

期末未回収高」の数値を加算する。

ステップ3:IRBの計算式

該当箇所で得られた値を代入し、集団効果指数(CEI)を算出する:

CEI = [(期首債権額合計-期末債権額合計) / (期首債権額合計-期末未回収額合計)]]。× 100

ステップ4:計算を行う

分数の分子と分母を求めるために、公式に従って足し算と引き算の数学的操作を実行します。

ステップ5:割り算と掛け算

分子を分母で割り、結果を100倍してCEIを求める。

ステップ6:結果の解釈

得られた結果は、パーセンテージで表される集団効果指数(CEI)である。このパーセンテージは、分析期間中の未払い債務の回収における企業グループまたは支店の効率性を表す。

例1:小売企業の支店グループ

ある小売企業が異なる都市に複数の支店を持っているとしよう。財務部長は、前四半期における各支店の債権回収効果を評価したいと考えています。3つの支店のデータを以下に示す:

支店A

売掛金の初期値:50,000ドル

信用販売額:100,000ドル

売掛金の期末残高:10,000ドル

未回収売上高の期末残高:2,000ドル

B支店

売掛金の初期値:40,000ドル

信用販売額:80,000ドル

売掛金の最終金額:12,000ドル

期末時点の未回収額:1,000ドル

C支店

売掛金の初期値:60,000ドル

信用販売額:120,000ドル

売掛金の終値:8,000ドル

期末未回収額: 3,000ドル

ステップ1:支店ごとの金額の合計を計算する

  • 売掛金の初期値の合計:50,000ドル 40,000ドル 60,000ドル = 150,000ドル
  • 信用売上の合計:100,000ドル 80,000ドル 120,000ドル = 300,000ドル
  • 売掛金の最終価値の合計:10,000ドル 12,000ドル 8,000ドル = 30,000ドル
  • 期末時点の未回収売上高の合計:$2,000 $1,000 $3,000 = $6,000

ステップ2:IECの計算

IECの公式を使用する:

セイ = [(150,000 300,000 – 30,000) / (150,000 300,000 – 6,000)] × 100

セイ = (420,000 / 444,000) × 100

CEI = 94.59%。

結果

この支店グループの共同効果指数(CEI)は94.59%であった。これは、この支店グループが前四半期の債務残高の回収において非常に効率的であったことを示している。

例2

XYZ社の6月の債権回収効率を分析するとする。以下のデータがあります:

初期売掛金(6月初め):$100,000

6月中のクレジット売上:50,000ドル

最終売掛債権(6月末時点)$80,000

当期末の未回収売上:5,000ドル

ステップ1:CEIの計算式の分子を計算する

分子 = (初期売掛債権売上高 – 最終売掛債権売上高)分子 = ($100,000 $50,000 – $80,000)

分子 = $70,000

ステップ2:CEIの計算式の分母を計算する。

分母=(初期債権の与信売上高-当期末の未回収売上高)

分母=(100,000ドル 50,000ドル – 5,000ドル)

分母=145,000ドル

ステップ3:CEIの計算

CEI=(分子/分母)×100

CEI=(70,000ドル/145,000ドル)×100

CEI≒48.28%。

この例では、6月のXYZ社の回収効果指数(CEI)は約48.28%である。これは、6月の1ヶ月間、XYZ社は、信用販売と回収不能の調整を考慮した上で、未払い債務の約48.28%を回収できたことを意味する。CEIが高ければ、より効率的な債権回収プロセスであることを示し、低ければ、回収努力の改善の必要性を示唆する。

回収効果を高めるためのベストプラクティス

効果的な回収管理は、あらゆる企業や組織の財務的安定性を維持するための鍵である。債権回収の効果を高めるには、戦略的かつ的を絞った実践が必要です。ここでは、回収管理をより成功させるためのベストプラクティスをご紹介します:

明確で明確な与信方針

健全で明確な与信方針を当初から確立することは、将来の回収問題を回避するために不可欠である。顧客ごとに適切な与信限度額を設定し、支払い能力を評価することで、未回収のリスクを減らすことができる。

積極的なコミュニケーション

顧客との積極的なコミュニケーションは不可欠である。支払い期限が切れる前に、親切なリマインダーや期日通知を送ることで、タイムリーなコンプライアンスを促すことができる。

早期支払いのインセンティブを提供する

早期支払割引などのインセンティブを提供することで、顧客が期日前に支払うよう動機付けることは、適時のコンプライアンスを促し、債権回収を改善することができる。

絶え間ないフォローアップ

未払い勘定を継続的に監視し、顧客とのやり取りを詳細に記録することで、潜在的な問題をいち早く察知し、積極的に解決することができる。

柔軟な支払契約

顧客の個々のニーズに合わせた柔軟な支払取り決めオプションを提供することで、債務不履行を防ぎ、債権回収を促進することができる。

プロセスの自動化

回収管理システムを導入し、反復作業を自動化することで、回収プロセスの効率が最適化され、より複雑でリスクの高いケースにより大きな注意を払うことができるようになります。

スタッフ研修

債権回収チームのメンバーに対する十分なトレーニングは、交渉スキルや困難な状況に対処する能力を向上させ、債権回収プロセスにおいてより効果的に対応できるようにするために不可欠である。

債権セグメンテーション

債務を年齢やリスクに応じてセグメント化することで、管理に優先順位をつけ、最も緊急の対応が必要な口座にリソースを集中させることが可能になる。

商業部門との連携

営業部門と回収部門との良好なコミュニケーションと連携は、新たな問題債権の発生を防 ぎ、潜在的な回収問題を早期に発見するのに役立つ。

回収業務のアウトソーシング

企業内部での債権回収が困難な場合、専門業者への回収委託を検討することは、より迅速かつ効率的な結果を得るための有効な選択肢となる。

まとめ

企業の財務の健全性を維持する過程において、効果的な回収管理は重要な役割を果たす。本稿では、回収効果を評価し改善するための2つの重要なツール、回収効果指数(CEI)と回収効果率について検討した。

これらの財務指標は、企業が未回収債権をどのように回収しているかを測定し、この分野における業績を評価するために不可欠である。どちらの計算式も、回収額、売掛金の期首残高、期末の未回収売上高などの主要な構成要素の分析に基づいており、回収プロセスの包括的なビューを提供する。

つまり、CEIと回収効果比率は、回収に関する企業の財務実績を明確に示す強力なツールなのである。これらの指標を計算し、上記のベストプラクティスと合わせて適用することで、企業は財務体質を強化し、キャッシュフローを最適化し、強固な顧客関係を維持することができる。より良い回収管理は、企業そのものに利益をもたらすだけでなく、優れた財務管理と事業運営の成功の指標にもなります。

この記事のOddcollのアドバイスに従って ください。

.

4分間の読書

どの規制が適用されるか。
国際的な債権回収プロセス
効果的な債権回収の方法

[et_pb_dividershow_divider 0=”=%22off%22″ _builder_version=”4.16″ max_width=”16%” module_alignment=”left” height=”0px” custom_margin=”|||” custom_padding=”||0px|” global_colors_info=”{}” _i=”0″ _address=”1.0.0.0″ /]
.

Oddcollは世界中のデットコレクターとのプラットフォームであり、国際的な企業が簡単に延滞した請求書を回収できるようにします。

.

対象国

.

ヨーロッパ全土をカバー

.

中央アジア

.

債権回収 アルメニア
債権回収 アゼルバイジャン
債権回収 グルジア
債権回収 カザフスタン

債権回収 キルギス
債権回収 モンゴル
債権回収 タジキスタン
債権回収 ウズベキスタン
.

オセアニア

.

アフリカのすべての国

.

すべてのパートナーに適用されます

– 各国における債権回収の法的認可
– B2B回収のスペシャリスト
– 英語でのコミュニケーション
– 各国の債権回収に関する法律の専門家

.

サポート

RELATED ARTICLE  ビジネス・クレジットのすべて:種類とメリット
WordPress Image Lightbox Plugin