.

口座照合:口座照合とは何か、種類、段階、例

.

勘定照合は、あらゆる組織の財務記録の完全性を守るため、財務管理における基本的な柱となります。ますます複雑化するビジネス状況において、勘定照合を十分に理解することは、正確な情報に基づいて意思決定を行い、財務の透明性を促進するための貴重なリソースとなります。

この記事では、勘定照合の定義や種類から、プロセスの重要な段階に至るまで、すべてを説明します。この記事を読み終わる頃には、勘定照合の重要性を知るだけでなく、次回の照合に向けた準備もできていることでしょう。

勘定照合とは?

勘定照合とは、企業の会計記録と銀行やサプライヤーなどの外部情報源から提供された記録を比較・調整する財務プロセスである。その主な目的は、残高の一致と、会社の会計帳簿におけるすべての取引の記録の正確性を保証することである。

このプロセスでは、入出金、支払、手数料などの取引を、会社の内部記録と比較しながら徹底的に検証する。不一致や差異が発見された場合は、徹底的な調査が行われ、その後、関連する会計上の調整が実施される。

なぜ重要なのか?

口座照合の妥当性を強調するいくつかの重要な理由がある:

  • 会計記録の正確性と実際の取引との一致を保証する。
  • 会計上の誤謬、脱漏、不正行為の可能性の特定を容易にし、迅速な是正措置の実施と経済的損失の防止を可能にする。
  • 会計および財務に関する規制や基準を遵守することは、法律上の義務である。口座照合は、これらの要件を確実に遵守するために不可欠です。
  • すべての収入と支出が正確に記録されていることを確認することで、効果的なキャッシュフロー管理を促進します。
  • 財務取引の確実な文書化と裏付けを提供することで、内部監査や外部監査を簡素化し、投資家やビジネス・パートナーの透明性と信頼性を高めます。

3種類の照合とは?

企業の財務管理では、3種類の照合があります:

銀行照合

銀行照合は、企業の財務記録と銀行が提供する財務記録の一致を保証するプロセスである。以下のステップで構成される:

  • 残高比較
  • 差異の特定
  • 設定
  • 最終調整

売掛金の照合

売掛金の照合とは、会社の売掛金残高(顧客から借りている金額)と顧客の売掛金記録を照合することである。これは、すべての売上が正しく記録され、未収金がないことを確認するために行われる。その手順は以下の通りである:

  • 請求書の確認
  • 未決済勘定の確認
  • 設定

買掛金の照合

買掛金の照合は、会社の買掛金残高(サプライヤーに支払うべき金額)とサプライヤーへの買掛金記録を比較することを含む。このプロセスにより、すべてのサプライヤーからの請求書が適切に記録され、未払いがないことが保証される。手順には以下が含まれる:

  • サプライヤー請求書の確認
  • 未決済の支払の確認
  • 設定

買掛金照合は、強固な取引先との関係を維持し、タイムリーな支払いを実現するために不可欠です。

勘定照合の基本的なステップとは?

勘定照合プロセスは、企業の財務管理において不可欠な実務である。以下では、そのステップについて説明します:

記録の確認

これは、会計帳簿や当該期間に対応する取引記録の評価を含む、会社の財務記録の徹底的な見直しから始まる。

外部情報の収集

効果的な照合を行うためには、銀行取引明細書や顧客口座明細書からクレジットカードや仕入先の記録に至るまで、関連する外部情報を収集することが不可欠である。

期首残高の比較

内部記録と外部記録の間の期首残高を比較し、照合の基礎を確立し、残高が一致することを要求する。

不一致の特定

貸借対照表の残高と会計記録との間に不一致がある場合は、それを特定しなければならない。このような不一致は、データ入力ミス、取引の欠落、必要な調整、その他の理由により発生する。

不一致の調査

矛盾が発見されたら、その原因を究明し、再発を防ぐために調査する必要がある。

会計上の調整

特定された不一致を修正するためには、エラーの修正から、欠落している取引を含めたり、重複する取引を削除したりするなど、関連する会計上の調整を行わなければならない。

レビューと承認

ある場合には、調整表は財務または経営管理者による見直しと承認を受けなければならない。

文書化

文書化は、監査や過去の記録のために不可欠である。

最終調整

すべての差異が解決され、記録上の残高が会計記録と一致すれば、照合は終了する。

貸借対照表の照合はどのように行うのか?

この調整には、貸借対照表上のすべての勘定科目の残高が正確であり、会社の実際の財務状況および現在の財務状況を反映していることを確認することが含まれる。以下は、この照合を行うための一般的な手順である:

調整したい期間の最新の貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を作成する。

流動資産(現金、売掛金、棚卸資産など)と非流動資産(有形固定資産、投資など)から始める。各資産要素が正しく評価され、分類されていることをチェックする。銀行取引明細書、請求書、資産記録などの裏付け資料と数値を照合する。

流動負債(買掛金、短期借入金など)と固定負債(長期借入金、繰延税金負債など)を含む貸借対照表の負債に移る。各負債項目が正確に記録され、分類されていることを確認する。契約書、借入契約書、その他の関連書類を確認し、残高を検証する。

資本は、会社の所有権を表し、資産から負債を差し引いたものである。貸借対照表の資本の部に、追加投資、配当、利益剰余金などの所有権の変動が正確に反映されていることを確認する。

貸借対照表と裏付け書類や他の財務諸表との間に不一致がある場合は、その原因を調査する。

貸借対照表が、一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)または管轄区域で適用される会計基準に準拠していることを確認する。

貸借対照表の金額と実際の銀行明細書を比較することにより、現金残高と銀行口座を照合する。未払いの小切手、輸送中の預金、その他の調整項目が正しく計上されていることを確認する。

保証、債務保証、係争中の訴訟などの偶発債務および貸借対照表外の項目を調べ、それらが財務諸表または財務諸表注記に適切に開示されていることを確認する。

行った調整、裏付けとなる文書、調停に関与した人々など、調停プロセスを文書化する。

多くの問題や不一致が発生した場合、またはこの調停を行うツールをお持ちでない場合は、いつでも公認会計士のサービスを雇うことができます。

和解の5つの段階とは?

このプロセスは5つの基本的な状態から構成されています:

最初の比較

この最初の段階では、2組のデータまたは財務記録の間で最初の比較が実行される。これには、内部記録と銀行取引明細書やサプライヤーからの請求書などの外部文書との比較が含まれる。主な目的は、データソース間の不一致や差異を特定することである。

不一致の調査

最初の比較の段階で不一致が確認されたら、その根本的な原因を徹底的に調査することが 不可欠である。これには、財務記録と関連取引を注意深く検討し、データ・ソース間に相違がある理由を理解することが含まれる。調査は、不一致を修正するために取るべき適切な行動を決定するために極めて重要である。

調整と修正

不一致の調査に基づき、財務記録の調整と訂正が行われる。調整には、登録ミスの修正、以前に見落とされたトランザクションの追加、重複するトランザクションの削除など、さまざまなアクションが含まれる。その目的は、データを整合させ、両方の記録が正確に一致するようにすることである。

照合と検証

調整と修正が完了したら、照合と検証の第二段階に進む。この段階では、すべての調整が正確に適用され、2つのデータソース間で残高が一致していることを慎重に検証する。

文書化と記録

照合プロセスの最終段階では、手順全体の完全な文書化、識別された不一致の詳細な文書化、行われた調整、および最終結果の文書化が行われる。文書化は、監査要件を満たすためにも、組織の財務活動の正確な履歴記録を維持するためにも不可欠である。

勘定照合の例とは?

銀行の照合

銀行照合は、このプロセスの典型的な例である。これは、会社の銀行口座の残高を社内の会計記録と比較するものである。これにより、入出金や小切手などのすべての取引が適切に記録されていることが確認される。小切手の不渡りや銀行手数料の未記帳など、あらゆる不一致が特定され、解決される。

売掛金の照合

売掛金の管理では、顧客口座の照合が行われる。これは、会社の売掛金残高と顧客の売掛金記録を比較するものである。発行されたすべての請求書が登録され、支払いが対応する勘定科目と一致していることが確認される。

買掛金の照合

買掛金照合は、サプライヤーに対する金銭的債務に焦点を当てる。会社の買掛金残高をサプライヤーの買掛金記録と比較する。すべてのサプライヤーの請求書が記録され、支払いが適切な勘定科目と一致していることを確認する。未決済勘定を管理し、支払いを調整する。

クレジットカードの照合

会社のクレジットカードの記録を、発行された請求書および領収書と比較し、すべての請求および支払いが正確に記録され、実際の取引と一致していることを確認する。

よくある課題

他のプロセスと同様、チャレンジがないことはない。より良い準備ができるように、ここではそのいくつかを紹介しよう:

記録ミス

取引の記録における誤ったデータ入力や人為的ミスは、内部記録と外部情報源との不一致につながる。

取引量

取引量が多い企業では、照合作業は複雑で時間がかかることが多い。

文書化の欠如

請求書や領収書などの適切な文書がないと、照合や不一致の解決が困難になる。

システムの変更

会計システムの更新や変更は、データの互換性に影響を与えるため、しばしば調整上の問題を引き起こす。

調整不足

大規模な組織では、部門間の調整不足により、部門間の照合に齟齬が生じることがある。

限られた時間とリソース

照合業務に十分な時間や資源が割り当てられていないため、適切かつ適時に照合業務を行うことが困難である。

規制の複雑さ

変化する財務・税務規制への対応は、照合の複雑さを増す。

トレーニング不足

照合プロセスに関するスタッフ・トレーニングの欠如は、不一致の特定と解決にエラーと遅れをもたらす可能性がある。

よくあるミス

どんな困難にも立ち向かわないことは不可能であるように、ミスを犯さないことも不可能である。最も一般的なのは次のようなものだ:

  • 定期的に照合を行っていないため、問題の早期発見が難しい。
  • 照合作業の異なる側面を担当するチームまたは部署間のコミュニケーション不足。
  • 照合プロセス中に特定されたエラーを修正しない。
  • 照合に関する確立された手順や方針に従わない。
  • 手作業に過度に依存している。
  • 過去の照合の履歴を保持していない。

オッドコール

オッドコルでは、企業のキャッシュフローに影響を与える不良債権を処理し、債務者数と国際的な債権回収の食い違いを減らすための債権回収ソリューションを提供しています。

当社の不良債権回収サービスを統合することで、金融債務を履行していない顧客に関する不一致を解決することができます。こうして不良債権の回収を最適化することで、キャッシュフローを改善し、企業の財務健全性を強化することができます。詳しくは記事をご覧ください:債権回収とはbyOddcoll

私たちは、回収の効率や効果を犠牲にすることなく、倫理的、人道的、共感的なアプローチで滞納者に対応します。また、当社のウェブサイトでは、当社のサービスをご利用いただくための簡単なステップバイステップをご覧いただけます。面倒な債権回収の手続きを忘れて、私たちにご連絡ください。

結論

まとめると、勘定照合は企業財務管理の基本的な柱である。各段階で厳格なアプローチを行い、不一致を特定し修正することで、組織として正確な記録を維持し、情報に基づいた意思決定を行い、財務の透明性を確保することができます。よくある課題を理解し、よくある間違いを避け、Oddcollが提供するようなソリューションを活用することで、財務体質を強化し、変化し続ける環境の中で繁栄することができます。

.

4分で読める

どのような規制が適用されるか
国際的な債権回収プロセス
効果的な債権回収を実現する方法。

.

Oddcollは世界中のデットコレクターとのプラットフォームであり、国際的な企業が簡単に延滞した請求書を回収できるようにします。

.

カバーする国

.

ヨーロッパ全域をカバー

.

中央アジア

.

債権回収 アルメニア
債権回収 アゼルバイジャン
債権回収 グルジア
債権回収 カザフスタン

債権回収 キルギス
債権回収 モンゴル
債権回収 タジキスタン
債権回収 ウズベキスタン
.

オセアニア

.

アフリカのすべての国

すべてのパートナーに適用されます

– 各国における債権回収の法的認可
– B2B回収スペシャリスト
– 英語でのコミュニケーション
– 各国の債権回収に関する法律の専門家

.

サポート

RELATED ARTICLE  記録から報告へ:記録から報告へ:記録から報告へ
WordPress Image Lightbox Plugin