.

副勘定元帳と総勘定元帳:相違点(2024年ガイド)

.

会計と財務では、取引の正確な記録を残すためのツールが完全に不可欠である。その意味で最も重要な道具の一つが会計記録である。これらは、総勘定元帳と小勘定元帳の2つに大別される。どちらの帳簿も必要不可欠なものではあるが、両者には決定的な違いがある。この記事では、これらの違いについて詳しく説明し、正確で信頼性の高い会計を維持するために、どのように使い分ければ最も効果的かを検討します。

subledgerとは?

副勘定元帳は、総勘定元帳に記載されている要約情報を掘り下げた会計記録である。総勘定元帳の各項目やカテゴリーの背後にある具体的な詳細を提供する、付録や補足の役割を果たします。

総勘定元帳は、会社の財務状況を要約したものである。売掛金、買掛金、固定資産などの大まかな分類は示されているが、詳細には触れられていない。そこで登場するのがサブ元帳である。元帳のカテゴリーごとにサブ元帳を持つことができる。

総勘定元帳とは?

総勘定元帳は、企業のすべての財務取引を整理し、文書化する集中記録として機能する。この記録は、収入、支出、資産、負債を特定の勘定科目に詳細に分類し、分析を容易にします。総勘定元帳は、取引を収益勘定や費用勘定などのカテゴリーに分類することで、財務の傾向を効率的に把握することができる。また、貸借対照表や損益計算書などの財務報告書を作成する際の基礎となる。

副勘定元帳と総勘定元帳:主な違い

総勘定元帳が企業の財務状況の一般的なスナップショットを提供するのに対し、小勘定元帳はその詳細な情報を提供します。両者の違いについて、以下で詳しく説明します。

総勘定元帳

  • 会社のすべての財務取引を記録する。
  • 試算表を作成し、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、損益計算書などの財務報告書を作成するために使用される。
  • 取引は勘定表に基づいてカテゴリーに分類される。
  • 主な勘定科目は以下の通りである:
    • 資産:不動産、設備、車両、資材などの資産、現金、在庫、売掛金などの流動資産。
    • 負債:負債:買掛金や銀行借入などの会社の負債。
    • 収入:売上、サービス提供、利息などによる収益。
    • 費用:仕入れや請求書など。
    • 資本:株式資本、準備金、株式プレミアムなど

サブレジャー

  • 総勘定元帳の情報を整理し、詳細化する。

小さな家族経営からスタートし、成長してきたコンビニエンス・ストアを想像してみよう。彼らは、元帳上の何百もの取引をナビゲートすることなく、財務をよりよく理解するためにサブ元帳を作成する必要があった。

現在、The Corner Storeには以下のサブレジャーがあり、元帳に統合されている:

  • 仕入先と銀行借入:
    • 食品・飲料サプライヤー
    • 非食品サプライヤー
    • 在庫用銀行ローン
    • 設備資金の銀行ローン
  • 在庫
    • 食品・飲料
    • 非食品
  • ビジネス銀行口座
    • 普通預金口座
    • 当座預金
    • クレジットカード
  • 請求書
    • 給与
    • 賃借料
    • 電気代
    • 広告宣伝費

元帳の例

以下は、ある中小企業の総勘定元帳の簡略化した例で、2023年10月の取引を示している:

日付 勘定科目 勘定科目 借方 貸方 貸方残高
10月1日 現金 初期残高 5,000 5000
10月5日 売掛金 顧客Aに販売 1000 6000
10月5日 棚卸資産 仕入 500 500 5500
10月10日 買掛金 サプライヤーBへの支払督促テンプレート 300 5200
10月15日 現金 お客様控えA 1000 6200
10月20日 賃貸費用 家賃滞納 600 5600
10月25日 給与費 従業員給与 1500 4100

なぜサブリーダーを使うのか?メリット

会計におけるサブ台帳の使用は、企業の財務管理を簡素化する様々な利点を提供する。以下のような利点がある:

詳細な組織化

財務取引をより詳細に整理することができる。勘定科目を特定のサブ勘定に分類・分割することで、収入、支出、資産、負債の詳細をより明確にすることができる。

正確な分析

事業運営をより正確に分析することができます。各サブアカウントに詳細な情報があることで、経営者や会計士は事業の特定の側面を綿密に調査し、強みのある分野や改善の可能性のある分野を特定することができる。

監査とコンプライアンスの促進

税務監査や会計監査において、サブアカウントはプロセスを簡素化します。元帳全体をレビューする代わりに、監査人は関連するサブアカウントに直接アクセスすることができ、特定の取引の検証を合理化し、より効率的なコンプライアンスを保証します。

投資家誘致

投資家を惹きつけたり、ビジネスローンの資格を得るために、サブアカウントは会社の財務をより詳細に見ることができます。潜在的な投資家は、売掛金や固定資産などの特定のサブアカウントを調査し、事業の財務の健全性と成長の可能性をよりよく理解することができます。

財務報告の簡素化

元帳のサブアカウント情報を要約することで、財務報告が簡素化される。これにより、財務諸表に明確かつ簡潔なデータを表示することが容易になり、ひいては企業の経済状況の理解も向上する。

なぜ総勘定元帳を使うのか?メリット

企業会計において総勘定元帳を使用することは、資金の収支を管理し、その時点で利用可能な資金の最新の状況を把握するために不可欠です。それだけでなく、以下のようなメリットもあります:

財務報告書の作成

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、様々な財務報告書を作成するための基礎となる。これらの報告書はいずれも、企業の財務の健全性を評価し、社内外の利害関係者に重要な情報を提示するために不可欠なものである。

トレンド分析

総勘定元帳内でトランザクションを特定のカテゴリーに分類することで、長期的な財務トレンドの把握が容易になる。これは、経営者やオーナーが財務パフォーマンスをよりよく理解し、成長と経営効率のために情報に基づいた意思決定を行うのに役立ちます。

会計・税務コンプライアンス

正確な総勘定元帳を維持することは、会計と税務の要件を満たすために極めて重要です。すべての取引を整然と完全に文書化することで、内部監査や外部監査が容易になり、納税義務の遵守にもつながります。

意思決定の促進

総勘定元帳の詳細かつ整理された情報は、ビジネスリーダーに戦略的意思決定を行うための強固な基盤を提供します。これにより、収益性を評価し、改善すべき分野を特定し、効果的なアクションプランを設計することができます。

資産と負債のトラッキング

一般会計は、会社の資産と負債の詳細なモニタリングを可能にし、流動性、国際的な債権回収能力、資源管理の効率性を評価するために不可欠である。

会計帳簿は、あらゆるビジネスの秩序と効率を維持するために不可欠である。しかし、債権回収総額を可能な限り最小限に抑えることも重要である。これは通常、複雑であることに加え、コストがかかる。時間、お金、労力を投資しなければなりません。Oddcollでは 、企業の生活をより簡単にすることを決定し、簡単で効率的な資産回収システムを作成しました。その方法とは?簡単な3ステップです:

  • アカウントを作成し、プラットフォーム、APIまたはCSVファイルを通じて請求書を送信します。
  • 債権回収会社や法律事務所などの現地パートナーが、債務者の国で債権回収を行います。
  • 請求書が回収されると、あなたの口座に送金されます。

Oddcoll(オッドコール) には、使いやすさに加え、以下のような利点があります:

  • ケースページを通じて、コレクターと直接連絡を取ることができます。
  • ケースの進捗状況をEメールで受け取る。
  • お客様のアカウントページから、どこからでも簡単にケースを管理できます。
  • 債務不履行の場合、専門家パートナーを通じて債務者の国で法的措置が取られ、効果的な司法回収が行われます。

結論

結論として、副勘定元帳と総勘定元帳は、財務取引を正確に管理するために使用される重要なツールである。両勘定元帳にはそれぞれの機能と特徴があるため、それぞれをどのような場合に使用するかを理解することが重要である。これらのツールを正しく使用することで、企業は財務記録の信頼性と正確性を維持することができ、これは長期的な成長と成功に不可欠です。

.

4分で読める

どのような規制が適用されるか
国際的な債権回収プロセス
効果的な債権回収を実現する方法。

.

Oddcollは世界中のデットコレクターとのプラットフォームであり、国際的な企業が簡単に延滞した請求書を回収できるようにします。

.

カバーする国

.

ヨーロッパ全域をカバー

.

中央アジア

.

債権回収 アルメニア
債権回収 アゼルバイジャン
債権回収 グルジア
債権回収 カザフスタン

債権回収 キルギス
債権回収 モンゴル
債権回収 タジキスタン
債権回収 ウズベキスタン
.

オセアニア

.

アフリカのすべての国

すべてのパートナーに適用されます

– 各国における債権回収の法的認可
– B2B回収スペシャリスト
– 英語でのコミュニケーション
– 各国の債権回収に関する法律の専門家

.

サポート

RELATED ARTICLE  財務業務:財務オペレーションとは何か?
WordPress Image Lightbox Plugin