.

企業融資:コーポレート・ファイナンスとは何か、その種類と例 2023年

.

以前、ビジネス・ローンについてお話しましたが、今日は一歩引いて、ビジネス・ファイナンスについてもう少し理解してみましょう。事業資金とは借入金だけを指すのではなく、組織が存続し、利益や貯蓄(各企業の健全性による)を生み出すためのその他の仕組みを指す。oddcoll.comがあることを思い出してください。oddcoll.comは、あなたが助けを必要とする場合に備えて、あなたの債務と回収を管理するためのサイトです。

コーポレート・ファイナンスとは?

コーポレート・ファイナンスとは、企業の資本構成の計画、開発、管理を指す。資本とは、現在の現金だけでなく、資産、投資、債権も含むことを思い出してください。 その目的は、健全な投資、財務、配当の決定を通じて、組織の価値と利益を高めることです。有利な資本構成を実現するために、企業の資金調達ニーズを満たすことを目的とした資本投資に焦点を当てる。

メリット

  1. コーポレート・ファイナンスは、業績測定により常に詳細な情報を維持することで、業績予測に役立つ。
  2. コーポレート・ファイナンスは、財務面の理解を深め、対象や投資に関する十分な知識をもって意思決定ができるようにすることを目的としている。
  3. この種のファイナンスは、資金調達の方法や顧客への信用供与に気を配ることで、事業が維持する資本に関する必要な情報をすべて管理するため、企業が生きている現実と近似している。
  4. データは常にビジネスの予測とコントロールのために提供される。こうすることで、いつ、どのように投資するのが正しいかを知ることができ、この行為に伴うリスクを回避することができる。

投資信託の主な機能とその重要性とは?

  1. コーポレート・ファイナンス部門は、企業の財務活動や設備投資の意思決定(提案された投資を進めるか否かを含む)を管理・監督する役割を担っています。
  2. 負債、資産、資本投資の管理
  3. リスク管理と財務管理投資には常に監視が必要である。リスク管理は、投資で想定されるリスクを低減・軽減することを目的とし、継続的な監視プロセスの一部である。
  4. 株主への配当:株主への配当の実施、不実施。
  5. 投資オプションの調査と提案
  6. 事業価値の最大化

コーポレート・ファイナンスの原則

  1. 貨幣の時間的価値:この原則は、貨幣価値は時間の経過とともに変化するというものである。現在の1ドルは、それを投資してリターンを得る可能性があるため、将来の1ドルよりも価値がある。コーポレート・ファイナンスでは、投資プロジェクトの評価や財務上の意思決定を行う際に、貨幣の時間的価値を考慮する。
  2. 株主価値の最大化コーポレート・ファイナンスの主な目的は、株主のために企業価値を最大化することです。これには、堅実かつ持続可能なリターンを生み出し、株価を上昇させ、適切な配当を分配する財務決定を行うことが含まれる。
  3. リスクとリターン:リスクとリターンには関係がある。企業は、より高いリターンを得るために、一定レベルのリスクを負わなければならない。コーポレート・ファイナンスは、想定されるリスクと期待されるリターンの適切なバランスを達成するために、企業の財務リスクを評価・管理する。
  4. 分散:分散はリスクを軽減するための重要な原則である。企業は、収入源、投資先、リスクを分散させ、特定の要因への過度の依存を避ける必要がある。分散はネガティブな事象の影響を緩和し、財務の安定をもたらす。
  5. 資本コスト:資本コストは、投資家が企業に融資する際に必要とする収益率を表す。コーポレート・ファイナンスでは、資本コストを分析して投資プロジェクトの実行可能性を判断し、収益性を評価する。

コーポレート・ファイナンスの4つの柱とは?

  1. 投資:第一の柱は投資の意思決定に焦点を当てる。これには、企業が資金を投下すべきプロジェクトや資産の評価と選択が含まれる。投資プロジェクトの収益性と実行可能性を判断するために、割引キャッシュフロー(DCF)などの評価手法が用いられる。
  2. 資金調達:第二の柱は、企業がその活動やプロジェクトに必要な資金を調達する方法に関するものである。これには、資本構成の決定、すなわち負債と資本をどのように組み合わせて会社の運営資金を調達するかが含まれる。資金調達手段の選択と資本コストの管理は、この柱の重要な要素である。
  3. 配当第3の柱は、配当政策とその決定である。企業は、配当という形で株主に分配する利益の額と、将来の投資と成長のために企業に再投資する額を決定しなければならない。配当管理は、投資収益率や価値の創出という点で、株主と企業の双方に影響を与える。
  4. リスク管理:第4の柱は、企業がさらされる財務リスクの特定、評価、管理に焦点を当てる。これには、金利変動、為替変動、資産価格変動、オペレーショナル・リスクなどのリスクが含まれる。リスク管理は、こうした要因に対する企業のエクスポージャーを最小限に抑え、長期的な財務の安定性を確保することを目指す。

コーポレート・ファイナンスの例

  1. 株式の発行:企業は株式を発行し、投資家に売却することで資金を調達することができる。この場合、株式と引き換えに会社の所有権の一部を提供することになる。株式の発行により調達した資金は、プロジェクトの資金調達、事業の拡大、または債務の支払いに充てることができる。
  2. 社債の発行:企業は、資金調達のために社債を発行することができる。社債は、企業が元本と利息を一定期間にわたって返済することに合意した長期債務商品である。投資家はこの社債を購入し、定期的な利払いを受ける。
  3. 銀行融資:企業は銀行やその他の金融機関から融資を受けることができる。これらのローンは短期(信用枠)または長期があり、企業は元本と合意した利息を合わせて返済することに同意する。
  4. ファイナンス・リース:資産を購入する代わりに、企業はファイナンス・リースを選択することができる。これは、一定期間にわたる定期的な支払いと引き換えに、資産の使用を得るというものである。契約終了時には、企業はその資産を購入するオプションを持つことができる。
  5. ベンチャー・キャピタル:新興企業やアーリーステージの企業は、ベンチャーキャピタル投資家を通じて資金を調達することができる。ベンチャーキャピタル投資家は、企業への出資と引き換えに資本を提供し、企業の成長と発展に伴うリスクを喜んで引き受ける。
  6. 内部資金調達:企業は、企業自身が生み出す利益などの内部資金を調達することもできる。これらの資金は、プロジェクトや事業拡大のための資金として会社に再投資することができる。

コーポレート・ファイナンスの3つのタイプ

  1. エクイティ・ファイナンス: エクイティ・ファイナンスとも呼ばれ、株式の発行と売却を通じて資金を調達することを指す。株主は、会社の一部の所有権と引き換えに、会社に資本を出資する。このタイプの資金調達は、投下資本の返済義務を伴わないが、株主は配当や株式価値の上昇を通じてリターンを受け取ることを期待する。
  2. デット・ファイナンス: 社債や銀行ローンなどの負債を発行して資金を調達する。この場合、企業は元本と合意した利息を一定期間にわたって返済することを約束する。デット・ファイナンスは、追加資本を調達する効率的な手段となり得るが、利息の支払いや支払義務の履行も伴う。
  3. ハイブリッド・ファイナンス: このタイプの資金調達は、エクイティ・ファイナンスとデット・ファイナンスの要素を組み合わせたものである。例えば、企業は転換社債を発行することができる。転換社債は、将来の所定の日に会社の株式に転換することができる負債性金融商品である。また、優先株式など、資本と負債の両方の特徴を持つハイブリッド金融商品もある。

企業としては、どの方法が最適なのでしょうか?

これは各企業のニーズによる。自社株主の基盤が十分であれば、エクイティ・オプションは、投資後に会社の株価が向上する限り、むしろ低いリスクを提供するかもしれない。負債による資金調達は、利害関係を遵守する限り、突発的に発生した債務に直面しなければならない場合の選択肢となり得る。これらの行動を実行する前に、常に適切なアドバイスを受けるべきである。

結論

これまで見てきたように、企業の財務改善には、それぞれの企業の健康状態、目的、可能性に応じて、さまざまな方法がある。変化する世界では、常に適応しようとする姿勢が必要であることを忘れてはならない。ビジネスの状況に応じて、さまざまな戦略を試すことができる。まず、資金繰りに問題が あるのであれば、支払期日を過ぎた請求書をすべて回収する必要が あるOddcollは 延滞した支払いを 追求 し、 国際的な債権回収代理店としても 機能 する商業債権回収プラットフォームです

.

4分で読める

どのような規制が適用されるか
国際的な債権回収プロセス
効果的な債権回収を実現する方法。

.

Oddcollは世界中のデットコレクターとのプラットフォームであり、国際的な企業が簡単に延滞した請求書を回収できるようにします。

.

カバーする国

.

ヨーロッパ全域をカバー

.

中央アジア

.

債権回収 アルメニア
債権回収 アゼルバイジャン
債権回収 グルジア
債権回収 カザフスタン

債権回収 キルギス
債権回収 モンゴル
債権回収 タジキスタン
債権回収 ウズベキスタン
.

オセアニア

.

アフリカのすべての国

すべてのパートナーに適用されます

– 各国における債権回収の法的認可
– B2B回収スペシャリスト
– 英語でのコミュニケーション
– 各国の債権回収に関する法律の専門家

.

サポート

RELATED ARTICLE  財務業務:財務オペレーションとは何か?
WordPress Image Lightbox Plugin