.

ドイツにおける会社破産手続:包括的ガイド

.

はじめに

ドイツの倒産を理解する

ドイツで活動する企業として、債務超過の概念とそれがビジネスの世界で持つ意味を理解することは重要です。

本稿では、ドイツにおける企業の破産手続きについて包括的に解説する。

ドイツにおける破産手続きの概要

ドイツにおける破産手続きは、財務的に苦境にある企業を支援することを目的としている。

これらの手続きは破産法(InsO)によって規制されている。

倒産手続きは、企業が整然と統制された方法で事業を再建したり、資産を清算したりできるよう支援することを目的としている。

また、支払いが困難になった場合に、ドイツ企業の債権者が公平に扱われるようにするためのものである。

.

ドイツにおける破産手続きの種類

ドイツでは、支払困難に陥った企業に対して発動される破産手続きにはいくつかの種類がある。

清算手続

清算手続きは、債権者に弁済するために会社の資産を売却することを含む。

この手続きは、通常、会社がもはや財政的に存続できず、回復の見込みがない場合に利用される。

つまり、ドイツ企業は消滅し、残った資産は債権者間で公平に分配される。

会社更生手続

会社更生手続は、自己管財倒産手続とも呼ばれ、企業が事業を再建し、財務上の困難を克服するための手続である。

この手続きの間、会社は破産管財人の監督下にありながら事業を継続することが許可されます。

その目的は、会社が回復し、存続できるようになることである。

簡易手続

簡易手続は、資産および負債が最小限の中小企業向けに設計されている。

この手続きは、迅速かつ効率的であることを目的としており、通常、清算人を選任して会社の資産を売却し、その代金を債権者に分配する。

.

ドイツにおける破産申請

破産申請義務

ドイツでは、企業が財務上の義務を果たせなくなった場合、破産を申請する法的義務がある。これを怠ると、罰金や刑事責任を含む厳しい結果を招く可能性がある。

破産申請の手順

ドイツにおける破産申請手続きには、会社の財務状況を裁判所に通知し、破産管財人を選任し、債権者と債務のリストを提出するなど、いくつかのステップがあります。

破産申請しなかった場合の結果

適時に破産申請を行わなかった企業は、法的措置、罰金、刑事告発を含む深刻な結果に直面する可能性があります。会社が破産申請をする必要があるかどうか確信が持てない場合は、専門家の助言を求めることが重要です。

債権者も破産や会社更生を申請できますか?

ドイツでは、一定の状況下において、債権者も破産手続または更生手続を申し立てることができます。債務者が支払期日にその債務を支払うことができない場合、債権者は債務者に対して破産手続を申し立てることができます。これは、債権者が債務者に対して争いのない、または法的に確立された債権を持っている場合に行うことができます。

さらに、債権者が債務者の事業の継続に正当な利益を有する場合には、更生手続を申し立てることができる。

債権者として破産手続きを申請することは複雑である可能性があるため、何らかの行動を起こす前に専門家の助言を求めることをお勧めします。経験豊富な倒産弁護士は、債権者が手続きをナビゲートし、その利益が確実に保護されるよう支援することができます。

.

予防策

– ドイツの信用調査書を利用するドイツ企業と取引する前に、ドイツの信用調査書を入手し、その企業の財務的安定性と信用力を評価することが不可欠です。これにより、潜在的なリスクを特定し、倒産リスクのある企業との取引を避けることができます。

有利な支払条件を設定する:ドイツの顧客と、一部または全額の前払いを要求する、支払条件を短く設定する、早期支払いに割引を提供するなど、有利な支払条件を交渉する。これにより、タイムリーな支払いを確保し、資金繰りの問題を回避することができる。

– 支払行動を監視する:ドイツ人顧客の支払い行動を定期的にモニターし、潜在的な支払い遅延や債務不履行を特定する。これにより、未払い債権を回収するための迅速な措置を講じ、財務上の損失を回避することができる。

ドイツの債権回収会社を利用する:ドイツの顧客から未払いの債権を回収するのが難しい場合は、ドイツ市場で経験のある債権回収会社の利用を検討しましょう。債権回収会社は合法的な手段で未払い債権を回収し、破産手続きの必要性を回避することができます。

ドイツでの与信管理と債権回収に賢明なアプローチを取ることで、企業は倒産リスクを回避し、財務の安定を確保することができます。

.

破産管財人の役割

破産管財人とは、破産手続き中に会社の資産や事務を管理するために裁判所から任命される専門家です。

その役割は、会社の資産が最大化され、債権者の間で公平に分配されるようにすることです。

また、会社を代表して、事業を継続するか清算するかを決定する権限もある。

義務と責任

破産管財人は、ドイツにおける破産手続きプロセスにおいて重要な役割を果たします。その責務には、会社の資産管理、債権者への通知、再建計画の策定(更生手続の場合)などが含まれる。

権限と制限

破産管財人には、会社の資産を売却したり、契約を解除したりする権限など、大きな権限がある。しかし、破産管財人には一定の制限もあり、破産管財人の行為は裁判所の承認が必要となります。

任命と選出

プロセス ドイツの破産管財人は、通常、裁判所によって選任されますが、場合によっては、債権者が自ら管財人を指名できることもあります。手続を効果的に監督するために必要な経験と専門知識を有する管財人を選ぶことが重要です。

.

破産手続が会社の資産と業務に及ぼす影響

破産手続きにおいて、ドイツ企業に対してどのような措置が取られるのか?

資産の凍結

ドイツにおける破産手続き中、さらなる損失を防ぐため、会社の資産は通常凍結される。これは、会社の事業継続能力に大きな影響を与える可能性がある。

契約の解除

倒産手続きは、雇用契約を含む契約の解除につながることもあります。これは従業員にとって困難な時期であり、専門家のアドバイスを受け、自分の権利を理解することが重要です。

従業員への影響

破産手続きは、失業や雇用条件の変更など、従業員に大きな影響を与える可能性がある。ドイツでは、従業員は倒産支払保護法(Insolvenzgeld)によって保護されており、倒産時には給与の3カ月分までの補償が受けられる。

.

破産手続きにおける債権者の権利

以下では、ドイツにおける破産手続きにおける債権者の権利について述べる。

債権の順位

ドイツでは、債権者の債権は優先順位に基づいてランク付けされ、通常、有担保債権者が無担保債権者に優先する。

このことは、破産手続き中の資産分配に大きな影響を与える可能性がある。

議決権と意思決定への参加

債権者は通常、破産管財人の選任や再建計画の策定など、破産手続き中の重要な決定について議決権を行使する機会を与えられる。

債務の免除

場合によっては、破産手続き中に債務が免除されることもあるが、これは通常、更生手続きにおいてのみ可能である。

債務免除の意味を理解するためには、専門家の助言を求めることが重要である。

.

ドイツにおけるクロスボーダー倒産

外国倒産処理手続の承認と執行

国際的に事業を展開する企業は、国境を越えた倒産問題に直面する可能性があり、その対応は複雑です。ドイツでは、一定の条件を満たさなければならないが、外国倒産手続は承認され、執行される。

外国の裁判所および管財人との調整

クロスボーダー倒産手続きでは、通常、外国の裁判所や管財人との調整が必要となりますが、これは困難な場合があります。手続きを効果的に管理するためには、経験豊富な法律専門家と協力することが重要です。

.

結論

ドイツで事業を展開する企業にとっての要点

ドイツにおける破産手続きは複雑で困難な場合がありますが、財務的に苦境にある企業にとっては重要な手段です。破産手続きを理解し、経験豊富な専門家と協力することで、企業は財務上の困難を克服し、より強くなることができます。

専門家のアドバイスを受けることの重要性

ドイツで破産手続きに直面している場合、できるだけ早く専門家の助言を求めることが重要です。経験豊富な倒産弁護士であれば、手続を通じてあなたを指導し、あなたの会社にとって最善の利益となるよう、十分な情報を得た上で決断を下すことができます。

全体として、ドイツにおける破産手続きは困難で挑戦的なプロセスですが、企業に事業を再構築し、財務上の困難を克服する機会を提供します。プロセスを理解し、経験豊富な専門家と協力することで、企業は破産手続きからこれまで以上に強く、たくましく立ち直ることができます。

.

ドイツにおける債権回収

.

ドイツの顧客からの売掛金の支払いにお困りですか?ドイツでの債権回収ならオッドコールの債権回収サービスをご利用ください。

.

ODDCOLL

.

Oddcollは国際的な債権回収のためのサービスです。
企業が海外の顧客から支払いを受けるのを簡単にします。

RELATED ARTICLE  ビジネス・クレジットのすべて:種類とメリット
WordPress Image Lightbox Plugin